マーケット・金融コロナ恐慌

クレジット 社債発行が大幅減、リスクオフへ 最悪シナリオの「パンデミック」=中空麻奈

    閑散とした米国サンフランシスコの空港(Bloomberg)
    閑散とした米国サンフランシスコの空港(Bloomberg)

     影響が出ているのは、社債発行市場だ。日本では2020年1月から3月6日までの発行件数が64件と、18年の同期間の162件、19年の同154件の4割程度に落ち込んでいる。3月も世界の株式市場がリスクオフ(回避)とリスクオン(選好)を繰り返す荒れた相場の中で、今後駆け込みの発行は予想しがたい。

     米国では2月24日の週の投資適格債(トリプルB以上)の発行はゼロ、欧州でも2月24日〜3月6日の2週間の発行は199億ユーロと、前2週間の666億ユーロから7割減となり、急速にブレーキがかかった(表)。つまり、金融緩和によってクレジット市場に潤沢に流入してきていた資金フローが警戒を始めた可能性がある。

    残り1901文字(全文2199文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事