マーケット・金融コロナ恐慌

インタビュー 高田創(岡三証券グローバル・リサーチ・センター理事長)

    不安払拭には「ばらまき」も有効 国際協調の「そぶり」必須

     今回の新型コロナウイルス禍のポイントは、米経済学者フランク・ナイトが唱えたいわゆる「ナイトの不確実性」、そして「グローバル化」ではないかと思っている。

     ナイトの不確実性とは、例えばサイコロを振って1が出るのと違って、どのように確率が分布しているか分からない状態を言う。予見できず、リスク管理も非常にしづらいため、恐怖がリスクプレミアムを高め、結果的に経済活動を低下させてしまう。

    残り1739文字(全文1957文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事