マーケット・金融コロナ恐慌

自動車 米国感染拡大で裾野産業に影響=遠藤功治

    中国の新車販売台数は激減(Bloomberg)
    中国の新車販売台数は激減(Bloomberg)

     2月の春節明けから、世界の自動車産業は新型コロナウイルスの脅威にさらされている。2019年の全世界の自動車販売台数は約9000万台で、うち約2600万台が中国だった。つまり、世界の自動車販売の約30%を中国市場が占めているという現実がある。その巨大市場を、湖北省・武漢市周辺を震源地とするウイルス禍が襲った。

     武漢には、日産自動車やホンダの主力工場を中心に約300万台規模の生産能力があるといわれる。武漢には更に自動車部品・電子部品・化学・鉄鋼その他自動車関連企業の工場が多数立地し、300万台の生産を支えている。この地域の工場の稼働停止は既に1カ月半となるが、3月中旬から一部工場で再開の動きが出ている。2月の中国の新車販売は対前年同月比約80%減、3月も少なくとも半減するのではないかと予想される。

    残り2168文字(全文2520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事