【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融コロナ恐慌

小売り 春商戦前の消費減退が追い打ち=守屋のぞみ

 新型コロナウイルスの拡大による小売業への影響で特に大きいのは、訪日観光需要、いわゆるインバウンドの減少だ。

 インバウンド需要への影響についてUBSは、1月末に中国からの国外渡航規制が始まった段階でシナリオ分析を行った。6カ月程度、中国からの訪日客が2〜5割減少するとの前提を置いて、2020年の訪日客数は89万〜320万人の減少(訪日客数全体の予想3500万人に対し、マイナス2〜9%)が見込まれると試算した。インバウンド消費としては、1700億〜6800億円の減少(インバウンド消費全体に対し、マイナス3〜14%)と試算される。個人消費全体への影響は0・1〜0・2%と軽微ではあるものの、インバウンド売上比率が1割を超えているような百貨店をはじめとする都市型の小売り業態(一部の家電店、ドラッグストア、ディスカウントストアなど)では、無視できないマイナス影響だろう。

 実際に、2月の百貨店各社の売り上げは厳しい進捗(しんちょく)となった。三越伊勢丹ホールディングス、高島屋、J・フロントリテイリングなど、大手百貨店のインバウンド売り上げは軒並み7割前後の減収と、新型コロナの影響をもろに受けた格好だ。3月に入って入国制限が拡大しており、影響が更に広がる可能性もある。中国の電子商取引法による代理購入規制(爆買い規制)や消費増税の影響で、昨年から業界全体が減速傾向にあ…

残り453文字(全文1038文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事