週刊エコノミスト Online

古川尚史 イノフィス社長・CEO 小林宏 イノフィス創業者・技術最高責任者 着る人工筋肉で作業アシスト

    撮影 武市公孝
    撮影 武市公孝

     人工筋肉を使ったリュックサック型のアシストスーツで、重労働の負担を軽減する。東京理科大発ベンチャーの危機を、3代目CEOが救った。

    (聞き手=市川明代・編集部)

    小林 人工筋肉を使った装着型の作業支援ロボットを製造・販売しています。リュックサックのように背負うことで、最大25.5重量キログラムの力で動作を補助し、腰の負担を和らげます。電力不要で3.8キログラムと軽量。お年寄りや女性でも気軽に使えます。

     人工筋肉は、メッシュ状のPET(ポリエチレンテレフタレート)繊維で覆われたゴムチューブでできています。チューブに一定の空気圧をためておくと、かがんだ時にチューブが伸びて中の体積が半分になり、その分、圧力は倍になって、引っ張る力となるのです。

    残り1491文字(全文1813文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット