法務・税務コロナ不況 残る会計士 消える税理士

会計士1000人に聞く 監査法人は5年で半数離職 人気転職先は「コンサル」=岡田英

    (注)監査法人勤務経験者のうち勤務年数を回答した598人に占める勤務年数ごとの比率。複数の監査法人に勤務した場合は累計年数 (出所)2019年度版会計士白書より編集部作成
    (注)監査法人勤務経験者のうち勤務年数を回答した598人に占める勤務年数ごとの比率。複数の監査法人に勤務した場合は累計年数 (出所)2019年度版会計士白書より編集部作成

     アンケート調査は公認会計士専門の転職支援会社ピー・シー・ピー(東京都文京区、桑本慎一郎代表)が2019年8月にインターネット上で実施し、会計士1019人(試験合格者含む)が回答。結果を『19年度版会計士白書』としてまとめた。

     9割が監査法人で勤務経験があり、50%が5年以内に退職。10年以内に87%が辞めていることが分かる(図1)。理由(複数回答可)は「経験の幅を広げたかった」(54%)が最多で、「他にやりたい仕事があった」(36%)、「仕事内容にやりがいを感じられなかった」(35%)と続く。退職後は78%が転職、23%が独立・起業だった。

     監査法人からの転職を検討し始める時期は「入社4年以内」が54%。一般的に、公認会計士試験(論文式試験、旧2次試験)に合格後に監査法人に入社し、公認会計士登録に必要な2年以上の業務補助と実務を積み、日本公認会計士協会による修了考査を含む実務補習を経て晴れて登録を果たす人が多いのが入社3~4年の時期だ。

    残り603文字(全文1028文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事