マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 歴史的な暴落は投資の好機に=隅谷俊夫

(出所)ブルームバーグより編集部作成
(出所)ブルームバーグより編集部作成

 新型コロナウイルスの世界的な流行に伴うグローバル景気の後退を懸念して、日経平均株価は3月下旬に1万6000円台まで急落した。2001年9月の同時多発テロや08年9月のリーマン・ショックも衝撃的だったが、テロや金融システム不安よりも、治療薬のないウイルスの感染拡大のほうが世界中の人々にとって身近な脅威であることが示された。

 日常生活や経済活動を半ば停止状態に追い込み、ついには、今年夏の東京五輪の開催が1年程度延期されることになった。100年を超える近代五輪で初の延期をもたらした今回のコロナ禍は、後世に残る歴史的な出来事と言えるだろう。

残り562文字(全文832文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事