マーケット・金融大予測 コロナ経済&マーケット

激動マーケット2 金への逃避強まる ウイルス禍が続けば最高値も=村上孝一

イスタンブールのグランバザールに並ぶ金の宝飾品(Bloomberg)
イスタンブールのグランバザールに並ぶ金の宝飾品(Bloomberg)

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金相場(NY金)は3月9日に2012年12月以来約7年3カ月ぶりの高値1トロイオンス=1704ドルを付けたが、16日には1450ドルと14.9%も急落した。

 本来なら投資家は株安などのリスクが高まれば、資金を避難させる動きを強め、安全資産とされる債券や円とともに、実物資産である金へ資金が流入する傾向にある。しかし、ダウ工業株30種平均が終値で2000ドル超安を連発する異常事態が続き、追加証拠金の支払いや損失補填(ほてん)に迫られた投資家がパニック的に保有資産売却に動き、安全な実物資産とされる金も売られ急落となった。

 その後、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利下げや無制限の量的緩和策に踏み切り、米株価の暴落が一服したことから、投資家の換金売りの動きも一服。景気後退懸念が強まる中で、安全資産としての金が見直され、4月14日にはNY金が1788.80ドルと12年10月以来7年半ぶりの高値を付けた。

残り802文字(全文1225文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事