マーケット・金融大予測 コロナ経済&マーケット

激動マーケット5 揺れるドル・円 コロナ終息で年度末110円台 長期化なら105円割れも=山本雅文

    ウイルス禍が長引けば大きく円高に振れる
    ウイルス禍が長引けば大きく円高に振れる

     1999年に日銀が「ゼロ金利政策」を導入して以降、ドル・円相場は基本的に日米金利差と連動して推移してきた。米金利が上昇し、金利面でドルの魅力が相対的に高まると、ドルも上昇するという関係だ。

     しかし、近年はこの相関が崩れてきている(図1)。

     トランプ米大統領による対中追加関税を契機に米中貿易戦争が激化した2019年夏以降は、米金利が低下し日米金利差が縮小したにもかかわらずドルが上昇した。

     新型コロナウイルス感染拡大を受けた景気悪化への対応策として米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを行い、日米金利差がさらに縮小した今年3月末に向けては、世界的にドル資金保有への需要が急速に高まり、各国・地域の通貨に対し、ドルが全般的に上昇した。

    残り1788文字(全文2106文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事