週刊エコノミスト Online歴史でわかる経済危機

原油市場 長期停滞期入りを象徴する“異常”なマイナス価格=岩間剛一

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     WTI(米国産標準油種)原油先物価格が4月20日、1バレル=マイナス37.63ドルとマイナス価格を付けた(図1)。1983年にWTI原油先物市場がニューヨークに創設されてから初の異常な取引である。ただ、歴史を振り返れば、原油市場はその特性ゆえに価格高騰期と停滞期を繰り返してきた。初のマイナス価格は長期的な価格停滞期入りを象徴する出来事といえよう。

     マイナス価格が実現したのは、二つの特殊な要因がある。第一に新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、世界の石油需要が瞬間的に蒸発しているにもかかわらず、OPEC(石油輸出国機構)の盟主サウジアラビアが4月以降、日量1230万バレルへの増産にかじを切ったこと。それに先立ち、ロシアなど非OPEC加盟国による協調減産が決裂していた。

    残り1148文字(全文1486文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット