マーケット・金融コロナ危機の経済学

金融 フィンテックが主導するディスラプション(創造的破壊)=野崎浩成

    銀行免許が付与されたスクエアで決済(米サンフランシスコ)(Bloomberg)
    銀行免許が付与されたスクエアで決済(米サンフランシスコ)(Bloomberg)

     コロナ後の世界を語るにはいささか早いとは思うが、人類がコロナと対峙(たいじ)している現下の状況は、個人、法人、国家の枠を越えて価値観に大きな影響を及ぼしていることは間違いない。『ニューヨーク・タイムズ』のコラムニストであるトーマス・フリードマン氏が3月17日付コラムで、紀元前後になぞらえて「B.C.(Before Corona)」と「A.C.(After Corona)」と、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)前後における歴史的分断を唱えた。

     確かに、国家観や国際協調にかかわる政治的観点から個々人の社会的行動規範に至るまで、あらゆる影響を及ぼすことは想像に難くない。金融業界もこの例に漏れない。

    残り2294文字(全文2603文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事