週刊エコノミスト Onlineコロナ危機の経済学

ECB国債買い取り「一部違憲」 独憲法裁判決でEUと対立激化=熊谷徹

    ECBが無制限に資金を投入することが難しくなるかもしれない(Bloomberg)
    ECBが無制限に資金を投入することが難しくなるかもしれない(Bloomberg)

     ドイツの連邦憲法裁判所は5月5日に「欧州中央銀行(ECB)が2015年からPSPP(公共部門購入プログラム)の名の下に2兆ユーロを超える国債を買い取ってきたことは、ドイツの憲法に部分的に違反している」という判決を下した。この判決はドイツと欧州連合(EU)の対立をエスカレートさせ、コロナ危機に苦しむ欧州の結束を乱す可能性が強い。

     ドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は5月6日付紙面で「この判決は、EUとECBに強い衝撃を与えた。憲法裁によると、PSPPは銀行預金の利率や生命保険の利回りを減らし、不動産価格を高騰させるなど、市民の生活に多大な悪影響を与えた。金融緩和により物価上昇率を引き上げるという目的に比べると、市民の不利益ははるかに大きかった。だがECBだけでなく、ドイツ連邦政府、連邦議会も…

    残り982文字(全文1347文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事