マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 感染警戒続き日経平均上限は2万円=三井郁男

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     新型コロナウイルスの終息には時間がかかるだろうが、欧米に続き国内も段階的に封鎖措置の緩和が始まり久しぶりに明るいニュースだ。国内総生産(GDP)の5割を占める東京、大阪など8地域の特定警戒が緩和されれば、経済活動は本格的な再開に向かう。ただし、経済活動の再開に伴う「感染第2波」への警戒感は根強く、再開のペースは緩やかにならざるを得ないだろう。

     株式市場は3月までの急落の半値戻しを達成した。3月までの急落で業績悪化などの悪材料はいったんは織り込まれたと見てはいるが、底打ちが見えない実体経済と、悪化が続く企業業績に比べ、株式市場の水準や戻りの勢いに乖離(かいり)が生じているとの見方も多く意見が割れている。

    残り548文字(全文853文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事