マーケット・金融THE MARKET

NY市場 米中関係悪化も相場の重しに=中川大輔

     米国では40以上の州でロックダウン(都市封鎖)の段階的な解除が進んでいる。一部の州は新型コロナウイルスの新規感染者数の明確な減少トレンドを待たずに、景気回復を優先して経済活動の再開に踏み切っている。5月中旬の米国株式市場は、早期の経済再開を好感する見方と、再開後の再流行を懸念する声が交錯し、一進一退の展開となった。

     感染動向が最大の注目材料との見方は変わらないが、米中関係の悪化も再び注目されている。貿易交渉を経て設定された米国産品の購入目標額を、中国が景気減速の影響で順守できない可能性があるほか、中国の新型コロナに関する情報開示姿勢を批判する論調も高まっており、両国間の火種は多い状況だ。

    残り171文字(全文469文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事