マーケット・金融地銀の悲鳴

銀行間手数料 40年以上不変の“既得権” 公取委指摘に「今さら」感=三好悠

    (注)3万円未満の振り込みをインターネットバンキング経由で行う場合 (出所)公正取引委員会資料を基に編集部作成
    (注)3万円未満の振り込みをインターネットバンキング経由で行う場合 (出所)公正取引委員会資料を基に編集部作成

     メガバンクや地銀などで作る全国銀行協会は5月1日、資金決済の銀行間ネットワークシステム「全国銀行データ通信システム」(全銀システム)へのフィンテック企業の接続について議論する作業部会を作ると発表した。今回の議論では単にフィンテック企業の接続だけでなく、長年不変だった銀行間決済の際の手数料体系にも踏み込まざるをえず、銀行側のしかめ面が目に浮かぶ。

     発端は今年4月に公正取引委員会が公表した報告書だった。QRコードの決済事業者など金融とITを融合したフィンテック企業が新たなサービスを展開する中で、競争政策上の課題を調査。フィンテック企業が全銀システムに直接接続できず、決済の際に銀行から求められる銀行間手数料などがフィンテック企業や利用者の負担となり、新たなサービス展開の障害となる可能性を指摘した。

    残り987文字(全文1338文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット