マーケット・金融THE MARKET

NY市場 感染第2波リスクに注意=中川大輔

     米国株式市場は新型コロナウイルスの混乱から大幅に回復し、6月初旬にIT関連銘柄などを中心に構成されるナスダック総合指数は史上最高値を一時更新した。3月後半以降の株価回復局面で大きく出遅れていた景気敏感業種の銀行株、航空関連株などにも見直し買いが入り、経済のスムーズな回復を本格的に織り込み始める相場展開が見られた。

     一方で、テキサス州やアリゾナ州などの南部を中心に、経済活動の再開後に新規感染者数が再び増加傾向にあるため、経済回復に水を差される展開に注意が必要だ。また、警官の暴行による黒人男性死亡事件を発端とした抗議デモの広がりも、感染を拡大させる一要因となる懸念がある。

    残り185文字(全文473文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット