週刊エコノミスト Online言言語語

新聞から言葉をえぐる(6月14~19日)

     米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長が、ホワイトハウス近くの教会前で1日にあったトランプ大統領の写真撮影に同行したことを「間違いだった」と謝罪して。

     新潟県三条市の暖房機器メーカー「コロナ」の小林一芳社長が、社員とその家族にあてたメッセージ広告を地元紙・『新潟日報』に掲載して。

     北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)党第1副部長が談話を発表して。予告通り、北朝鮮は16日、開城(ケソン)工業団地にある南北共同連絡事務所を爆破した。

     2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)で活躍したWTB福岡堅樹選手(27)=写真、パナソニック=がオンラインで記者会見し、7人制での東京オリンピック出場を断念すると表明した。五輪が1年延期されたことから、公言してきた大学の医学部進学を目指す。

    残り1452文字(全文1815文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット