マーケット・金融狂った米国、中国の暴走

コロナ後の米株はこう動く! ワクチン完成まで動き乏しい 雇用統計に予想外の好材料=鈴木敏之

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

     米国株は、コロナショックで、社会経済活動の多くが止まり、経済指標は自由落下で落ち込んだ。通常の景気後退であれば、個人消費の落ち込みは限定的だが今回は、行動制限が一気になされ、レイオフが広がり、非常に大きな規模で離職者が増えた。

     同時に、国・地方の政府は税収を失い、規模を問わず多くの企業で売り上げが立たなくなり、また、労働者は賃金が失われた。しかし、金融政策、財政政策が奏功し社会経済活動が再開され、株式市場は反転した。

     この先は、回復しても全てが元に戻るわけではない。それは需給ギャップを抱えることを意味する。景気回復は垂直の降下のあとで、元に戻り切れない「レ」の字である。その意味は、潜在的に経済活動停滞から物価の伸びが鈍化する「ディスインフレ」圧力がかかることである。コロナ第2波で経済の再封鎖ともなれば、デフレ化の心配も出てくる。ワクチンが完成するまで、趨勢(すうせい)でみると、株価の動きは乏しいというのが標準…

    残り701文字(全文1112文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット