マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む ICT活用で「リモート相場」活況=三宅一弘

     主要国株価は年初以降、コロナ禍によって3月半ばまで急落、3月後半以降回復相場をたどり、年初水準前後まで戻した。日本株ではマザーズ市場の上昇が目立つほか、世界的にみても21世紀に台頭してきた企業群が主流を占める新興市場の上昇が際立つ。今回の上昇局面は、社会全体でICT(情報通信技術)がフルに活用され、関連銘柄が選好される「リモート(遠隔)相場」と位置づけられる。

     まず、コロナ禍で個人、企業、政府の行動が大きく変化しはじめた。個人の仕事や消費、決済、娯楽、教育などの場はリアルからネット・仮想空間にシフトし、リモートワーク(在宅勤務)、オンラインショッピング・決済、遠隔医療や遠隔授業が日常になりだした。企業はデジタルトランスフォーメーション(DX、情報技術による事業変革・価値創出)を加速化し、政府は公共サービスのデジタル化に本腰を入れだした。

    残り472文字(全文846文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット