マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 家計調査(7月7日) 緊急事態宣言解除の影響に注目=高山武士

    (注)2人以上の世帯における日別支出の「宿泊料」(日付不詳を除く) (出所)総務省
    (注)2人以上の世帯における日別支出の「宿泊料」(日付不詳を除く) (出所)総務省

     7月7日に総務省より5月の家計調査(家計収支編、2人以上の世帯)が公表される。

     家計調査は、消費動向を把握できる統計だが、供給者への調査と異なり、消費者に家計簿をつけてもらう世界的にも珍しい統計である。サンプルサイズが大きくないこと、高額支出の影響で、全体の数値が振れやすいというデメリットがあるが、細かい用途・品目や日次での消費動向を把握できるメリットは大きい。

     新型コロナウイルスの拡大や緊急事態宣言の発出が家計の消費傾向にどのような影響をもたらしたのかという細かい分析は、家計調査を用いれば可能だ。

    残り364文字(全文617文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット