マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 第3次産業活動指数(7月13日) 消費の底とリベンジ消費の行方=高山武士

    (注)季節調整済み系列。2014年3~4月と19年9~10月の変動は消費増税の駆け込み需要と反動減によるもの (出所)経済産業省
    (注)季節調整済み系列。2014年3~4月と19年9~10月の変動は消費増税の駆け込み需要と反動減によるもの (出所)経済産業省

     13日に経済産業省より5月の第3次産業活動指数が公表される。景気の影響を受け大きく変動する鉱工業生産指数と比較すると、ブレが小さく公表もやや遅い第3次産業活動指数は平時での注目度はそれほど高くない。しかし、全産業の約75%を占めるサービス業の細かい業種の動きを月次で追うことができる。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために広範なサービス産業で活動が制限されてきた状況では、経済の回復具合を分析する際の重要な統計となる。

     政府が緊急事態宣言を発出した4月の動向を見ると、鉱工業生産指数では前月比9.8%減(3月も3.7%減)となっている。他方、第3次産業活動指数は前月比6.0%減(3月は3.8%減)と鉱工業生産と同様に大きく落ち込んだ。特に、宿泊や飲食店、旅行を含む生活娯楽関連サービス(前月比31.7%減)、運輸・郵便(12.7%減)、小売り(9.3%減)が外出自粛や短縮営業・休業などの影響を大きく受けて低迷した。

    残り212文字(全文623文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット