マーケット・金融THE MARKET

NY市場 経済回復の長期化に警戒=中川大輔

     7月中旬にかけて米国株式市場は上値の重い展開が続いた。米国の新型コロナウイルスの新規感染者数が4月の単日2万人超から7月には5万人超へ著しく増加したことを考慮すると、株価は粘り強く踏みとどまっている印象だ。感染が増加する南部の州自治体は、経済回復を優先してロックダウン(都市封鎖)を避ける強い姿勢を見せており、株価のサポート材料のひとつとなっている。

     一方で、感染リスクの高まりが意識され、人々の活動は再び縮小している。感染が激化するフロリダ州やテキサス州などでは、スマートフォンの位置データから集計される人々の外出活動データや、堅調に回復していたレストラン予約サイトなどでの予約件数が再び鈍化に転じている。米国経済の回復の道程が一層長期化するシナリオを頭に入れておくべきだろう。

    残り133文字(全文474文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事