マーケット・金融THE MARKET

長期金利 消費改善で上昇も=小玉祐一

     7月からの国債大型増発に伴う需給悪化懸念が債券相場を支配していたが、実際の入札では堅調な需要が確認されたことから、超長期債の売り圧力はひとまず和らいだ。日銀が長期金利の上昇をどこまで容認するか注目されていたが、債券相場は押し目買いが先に来た印象がある。

     国債の需給は引き続き市場のテーマだが、米国の追加金融緩和観測が根強く、米金利が低位に抑え…

    残り259文字(全文431文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事