マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米国GDP(7月30日発表) 戦後最大の落ち込みへ=窪谷浩

     7月30日に米国で2020年4~6月期のGDP(国内総生産)が公表される。新型コロナウイルスの影響で、戦後最長の景気拡大は2月に終了し、景気後退入りするなど、米国経済には急ブレーキが掛かった。経済状況を見極める上でGDP統計が注目される。

     まず1~3月期を振り返ると、実質GDP成長率は前期比年率5.0%減と金融危機時の08年10~12月期(同8.4%減)以来の落ち込みとなった。需要項目別では、個人消費が同6.8%減と1980年4~6月期(同8.7%減)以来の落ち込みとなったことが大…

    残り366文字(全文610文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事