テクノロジー

裁判も就活も「データ中心」 中国で出現したネット新世界=志村一隆

    デジタルに抵抗のない世代が「安定した社会」をつくるのか (Bloomberg)
    デジタルに抵抗のない世代が「安定した社会」をつくるのか (Bloomberg)

     新型コロナショックを機に、オンラインサービス市場が急拡大している。日本でもビデオ会議システムを使ったリモートワークは当たり前の光景になったが、さらに先を行くのが中国だ。

     首都北京では、オンラインで訴訟を進める「インターネット裁判所」がすでに稼働しており、今年起きたコロナ禍で注目を浴びている。というのも、この裁判所では、裁判が動画プラットフォーム上で行われ、訴訟関係者が実際に裁判所の法廷に立つ必要がないからだ。

     北京のネット裁判所が始動したのは2018年9月。扱う案件は、ネット通販などEコマースでの不払いや、動画や音楽、アニメなどの違法配信、「インターネットドメイン」の所有権など、ネット上で完結する取引に特化している。スマートフォンなどで顔認証、電子印鑑など全ての手続きがネットで完結する。

     インターネット上に巨大な「台帳」をつくるブロックチェーン技術を活用するのもネット裁判所の特徴だ。「台帳」は多数のユーザーによって共有され、そこに蓄積されたデータは、過去にさかのぼって閲覧でき、また改ざんされるリスクも少ない。これは分散型管理システムとも呼ばれ、金融分野などで実装が進んでいる。中国では著作権管理や違法動画の追跡といったコンテンツ管理分野でもブロックチェーンの導入が進んでいる。

    残り1850文字(全文2396文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット