教養・歴史コロナで消える・勝ち残る大学

4大学トップに聞く「コロナでも生き残る条件」 田中愛治 早稲田大学総長

     オンライン授業が普及した今、大学の個性はどこに求められるのか。地方大学の生き残り策は。4大学のトップに聞いた。

    (聞き手=市川明代、白鳥達哉、吉脇丈二・編集部、構成=稲留正英・編集部)

    オンラインで「しなやかな感性」は育たない

     多くの大学と異なる早稲田の強みは、海外との関係にある。私は「世界に輝く早稲田」と言っている。世界の大学と競合できる存在になるということだ。

     早稲田には、国際的な水準の人材を招へいできる力がある。例えば、米コロラド大、南カリフォルニア大、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校などの教授と、クロスアポイントメント契約を結び、契約期間の4分の1や半分を早稲田で教えてもらう。学生は早稲田にいながら、国際的なレベルの教育を英語で受けることができる。そういう教育を受けた学生が、海外の大学院に留学し、鍛えられて戻れば、国際的な頭脳循環になる。

    残り401文字(全文780文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事