マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 景気回復期待で年末に株価上昇も=三井郁男

     国内株式市場は、日経平均株価に比べ東証株価指数(TOPIX)が堅調に推移している。上昇する銘柄に広がりが出てきていることを示している。10月に入りトランプ米大統領のコロナ感染で不透明要因が増え市場の変動率は上昇しているが、通常は米国大統領選挙後には変動率が低下することが見込まれ押し目買いが有効だろう。

     当面は大統領選の動向が焦点になるが、どちらの候補者が当選しても大規模な経済対策を公約に掲げていて、景気の落ち込みは回避できそうだ。来年に向けウイルス感染の収束が見込まれるならば経済正常化の期待が広がる。

    残り607文字(全文861文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット