マーケット・金融THE MARKET

NY市場 財政支出期待を織り込む展開=中川大輔

     米大統領選を11月3日に控える中、トランプ大統領は全体の選挙結果を大きく左右する共和党地盤のフロリダ州などで苦戦しており、バイデン氏が優勢と報じられている。新型コロナ対策である郵便投票は開票に時間を要するため、選挙結果が確定するまで波乱の展開も否定できないが、株式市場はバイデン氏率いる民主党政権誕生のシナリオを徐々に織り込みつつある。

     バイデン氏は法人税の増税を目指しており、株価に重しとなるとの見方もあるが、4年間で2兆ドル(約210兆円)規模の環境・インフラ投資などの成長戦略を公約に掲げ、財政支出には前向きだ。新型コロナウイルス感染症対策の追加の経済政策も、共和党の一部議員は債務拡大に慎重な姿勢である一方、民主党が議会で勢力を拡大すれば、バイデン政権は大規模な財政支出を推し進め、経済を積極的に支える可能性が高い。

    残り113文字(全文476文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット