マーケット・金融THE MARKET

長期金利 景気失速に警戒を=小玉祐一

     報道によると、トランプ米大統領が大統領選終了まで、追加景気対策に関する民主党との協議停止を指示し、その後一部を撤回するなど、経済対策への不透明感が増している。現状では新大統領がスムーズに決まるかどうかすらよくわからず、各種経済対策の期限が切れる「財政の崖」が、米景気の下押し圧力になることが懸念される。

     米金利に再び上昇圧力がかかるとすれば、バイデン氏の勝利に加え、民主党が上下両院も制して、大型財政政策を打ち出すことだろう。これに伴う債券市場の需給悪化懸念が長期金利の上昇要因となる。ただ、政策の実現性の見極めには時間を要するとみられ、政治の混乱が金利低下要因となる可能性も高く、相場の流れは簡単には定まらないと思われる。

    残り109文字(全文422文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット