マーケット・金融THE MARKET

欧州株 上値の重さは徐々に解消へ=浅井一郎

     欧州株は、新型コロナウイルス感染拡大の第2波や、英国と欧州連合(EU)の通商交渉の難航などで重い動きとなっている。欧州主要国では、感染再拡大を受けて経済活動を制限する動きが広まっているが、第1波と異なり医療崩壊や全面的なロックダウン(都市封鎖)に至っていない。経済に逆風となるが、深刻な後退は避けられそうである。

     一方、EUを脱した英国の移行期間終了を年末に控え、通商交渉は難航しており、市場では徐々に合意なき離脱が意識され始めている。ただ、それを見据えた対応がEU企業を中心に行われているため、経済的なショックは限定的にとどまる可能性がある。

    残り145文字(全文418文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事