マーケット・金融THE MARKET

穀物 不作と輸入増で騰勢強まる=柴田明夫

     シカゴ穀物価格は10月に入り騰勢を強めている。大豆は10月23日、1ブッシェル=10・83ドルを付け、2年半ぶりの高値圏で、小麦は6・32ドル、トウモロコシも4ドル台に乗せた。シカゴ大豆の取組高は10月に入り約24年半ぶりに100万枚の大台を超えた。米国産大豆の減産予想と中国の旺盛な穀物輸入が背景にある。

     米中西部が8月にハリケーンや高温乾燥に見舞われ、当初の豊作予想が一変。米農務省は10月需給報告で、2020年の大豆生産量は42・68億ブッシェルとし、8月の44・25億ブッシェルから2カ月連続で下方修正した。中国による米国産穀物買い付けも活発化している。米中が8月下旬に米農産品に対し中国が輸入を大幅拡大する貿易協定「第1段階合意」の「進展」を確認したことで、投機筋の買い意欲が膨らんだ。米農務省に…

    残り107文字(全文461文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事