マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 第3次産業活動指数(11月12日) 9月連休の観光動向に注目=高山武士

     11月12日に経済産業省より9月の第3次産業活動指数が公表される。速報性は高くないものの新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)や感染防止行動による影響が出やすいサービス業について細かい業種の動きを把握できる統計だ。

     第3次産業活動指数は、緊急事態宣言の解除に伴い5月を底にして持ち直しの動きが続いている。ただし、6月は自粛による消費控えからの反動(リベンジ消費)で大きめの反発を見せたが7月以降の回復は緩慢と言える。

     業種ごとに見ると底からの持ち直しという動きは似ているが、落ち込みの幅や足元の活動水準は大きく異なる。小売業や情報通信業は落ち込みが比較的軽微で、回復も速やかに進んでいる一方で、コロナ禍の影響を大きく受けた観光関連産業は、5月にはコロナ禍前と比べて60%近く水準が下がり、反発後もまだ40%ほど低い水準での推移となっている。

    残り240文字(全文610文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事