マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 中国の回復突出で自動車などに恩恵=藤戸則弘

     中国景気の回復傾向が突出している。国際通貨基金(IMF)が10月発表した経済見通しによると、2020年の主要国は歴史的なマイナス成長に落ち込むが、中国は6月見通しの1・0%から1・9%に上方修正された。21年は8・2%と高成長に回帰すると予想されている。

     回復の背景には、第一に新型コロナウイルス防疫体制の充実がある。全世界では4000万人を超える感染者でなお拡大中だが、中国はわずか約8万6000人にとどまる。新型コロナの制御に成功すれば、経済活動が正常化するのは当然のことだ。

     第二には、疲弊する各国に対して、なお財政健全度は維持されており、大規模な景気刺激策を発動する政策裁量余地が大きい。IMFの予測では、20年の政府債務対国内総生産(GDP)比率は、米131・1%、伊161・8%、仏118・7%など軒並み急速に悪化する。日本に至っては266・2%に達するが、中国は61・7%に過ぎない。

    残り472文字(全文872文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事