マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 中国とITの需要強く株価底堅い=三井郁男

     コロナウイルスの感染拡大の終息を条件に、来年前半には世界経済は正常化に向かうだろう。中国経済の回復やIT需要拡大をけん引役に企業業績の改善傾向は続くとみられ、株価は年末に向け底堅い動きが続くだろう。

     2020年7~9月期決算をみると、製造業は、中国景気が早期に底入れし、自動車販売が想定以上に早期に回復したことで、輸出や生産が伸長し、多くの企業が業績を上方修正した。一方、非製造業のうち、空運や鉄道、ホテル、レジャー関連などは需要が戻らず苦戦が続いている。

     ゲーム・音楽・映画が業績をけん引したソニーは、21年3月期の最終利益を8月時点見通しから2900億円増額し、8000億円と2年ぶりの増益を予想。日本電産も、ハードディスクドライブ(HDD)向け小型モーターの拡大や生産性の改善で21年3月期売上高は1兆5500億円(前期比1・0%増)と過去最高を予想。電気自動車向けモーターの増産に向け大型投資を継続する。

    残り452文字(全文859文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事