マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 日本株にも米選挙は好材料=三宅一弘

     今年最大のイベントであった米選挙が終わり、最終確定ではないが大統領が民主党のバイデン氏、上院が共和党優勢で過半数の勢い(来年1月5日に2議席再選挙)、下院が民主党過半数となった。バイデン政権の最優先課題は、新型コロナの感染抑制と経済の立て直しだ。トランプ政権に比べて、コロナ禍に対して厳しい移動・外出制限などの対策強化を打ち出す方向とみられるほか、ワクチン開発支援、所得補償や雇用・資金繰り支援などの追加経済対策を積極化させるだろう。

     次期政権は「大きな政府」による雇用創出と格差是正を目指し、法人・富裕層の増税を掲げる。内政面では看板政策の環境規制とクリーンエネルギー投資(グリーンニューディール)を柱に、医療保険制度改革法(オバマケア)の拡充、金融規制、巨大IT企業に対する規制強化などが、通商関連では環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への再参加や移民制限の緩和・撤廃などが注目される。

    残り452文字(全文850文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事