マーケット・金融THE MARKET

NY市場 法人税率引き上げが焦点=村山誠

     11月13日時点の調査会社リフィニティブによる集計では、米主要大型株で構成されるS&P500指数の構成企業の1株当たり利益(EPS)は、2020年は新型コロナウイルスの影響で大きく落ち込むが、21年に回復し、過去最高益だった19年の水準を超え、22年にかけて最高益を更新すると予想されている。

     大統領選挙で当選確実となったバイデン氏は連邦法人税率について、トランプ政権が引き下げた分の半分を引き上げると主張してきた。仮に税率引き上げ法案が21年中に成立し、翌年度から適用されれば、22年のS&P500構成企業のEPSは、現在の予想水準から4%強引き下げられると、野村証券投資情報部では試算している。この程度の利益の押し下げならば、22年の過去最高益更新の見通しは変わらないと予想される…

    残り146文字(全文497文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事