マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 ドル安基調やや早まる=佐々木融

     インフレ率は通貨価値の変化率と同義だ。米国の物価上昇はドルの価値の下落を意味し、日本の物価下落は円の価値の上昇を意味する。日米のインフレ率を比較すると、1980年代は米国が平均して3ポイント程度高かった。つまりドルの価値は円に対して毎年3%程度ずつ下落していた。実際、80年代の10年間で40%程度ドル安となった。

     90年代に入るとその差は平均2ポイントに縮小したが、2000年代は平均3ポイント近くに拡大。この間、ドル・円相場は50%程度ドル安となった。アベノミクス以降は平均1ポイント程度まで縮小。そのためか、17年以降は極めて緩やかなドル安トレンドとなっている。

    残り162文字(全文447文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事