マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント インドの国内総生産(11月27日) コロナ深刻化で2期連続マイナス=斉藤誠

     11月27日にインドで7〜9月期のGDP(国内総生産)が公表される。インド経済は新型コロナ感染拡大と活動制限措置の影響で厳しい局面にある。4〜6月期は全土封鎖の影響で実質GDPが前年同期比23.9%減と急減した。

     インド政府は6月から封鎖解除を始め、現在感染が集中する封じ込め地区以外では、ほとんどの活動制限が解除されている。従って、7〜9月期は経済再開によって景気の最悪期を脱するだろう。しかし、インドは新規感染者数が世界最多で推移した。コロナ深刻化によるマインドの悪化が景気の重しとなり、2期連続マイナス成長は確実だ。

     内需は投資を中心に減少するだろう。7〜9月の鉱工業生産指数を見ると、消費財生産は前年同期比3.6%減(前期:同38.6%減)とマイナス幅が小幅に縮小したが、資本財生産は同13.6%減(前期:同64.8%減)と大幅な減少が続いた。

    残り319文字(全文696文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事