週刊エコノミスト Online熊野英生の「けいざい新発見」

コロナ禍で増えた消費の上位に「公営ギャンブル」

    コロナ禍でも「公営ギャンブルの消費」は伸びている=京都競馬場で10月25日、平川義之撮影
    コロナ禍でも「公営ギャンブルの消費」は伸びている=京都競馬場で10月25日、平川義之撮影

     コロナ禍で大きく伸びた消費とは何だろうか。経済産業省の「第3次産業活動指数」を使い、コロナ前(2020年1~2月の平均)と最近(同7~9月の平均)の伸び率上位の項目を調べてみた。

    外出抑制で自宅で何か消費

     その結果、消費全体では落ちているにもかかわらず、オートレース、競艇、競馬といった公営ギャンブルの消費が10~40%も伸びていた。旅行やレジャー消費が軒並み落ちている中で、どうして公営ギャンブルが著しく伸びているのだろうか。

     理由は、無観客か観客数を絞っての競技開催を強いられる中で、賭け事が好きな人がケーブルテレビなどでレースを見て、インターネットで券を買うように変わったからだという。利用者をうまくネット取引へ誘導できたのだ。また、外出自粛によって、パチンコの愛好者が公営ギャンブルにシフトしたこともあるだろう。特別定額給付金の総額12.7兆円の一部もここに流れた可能性はある。

    残り1038文字(全文1431文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事