マーケット・金融日本経済総予測 2021

地銀 政府・日銀の統合促進は不十分 フィンテックで合理化を急げ=吉沢亮二

十八親和銀行の合併記念式典に臨む森拓二郎頭取(左端)ら(10月1日)
十八親和銀行の合併記念式典に臨む森拓二郎頭取(左端)ら(10月1日)

 収益低下が続く地銀に対して、日銀と政府が相次いで、異例の支援策を打ち出した。地銀が同支援策の便益を享受するためには、統合などによる経営合理化が必要になる。しかし、過去の事例や地銀問題の本質を考えると、地銀改革は経営統合のみでは不十分なことがわかる。

 また、現在の地銀のあり方は、顧客の需要を十分に満たしていない。このため今後、地銀が生き残るためには、フィンテック(金融とITの融合)を活用することで、地銀の枠組みを超えた大胆な経営合理化と顧客利便性の向上をはかることが必要不可欠になろう。

残り2143文字(全文2388文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事