テクノロジー日本経済総予測 2021

デジタル通貨 ドル基軸通貨を揺さぶる 先行する中国を各国が追う=松田遼

日銀も来春、CBDCの実証実験を始める(Bloomberg)
日銀も来春、CBDCの実証実験を始める(Bloomberg)

 2009年に民間による仮想通貨(暗号資産)ビットコインの運用が始まって10年余り。これまで、ビットコインなどの仮想通貨は発行量の上限があり、その価格の変動が激しく、取引は投機的で、決済手段とは言えない状況にある。

 仮想通貨や電子マネーなどのデジタル通貨に対して日本を含む先進国の中央銀行は研究するものの、静観の姿勢を崩さずにいた。しかし、最近の国際通貨基金(IMF)報告書では、米フェイスブックが発行を計画する「リブラ(ディエムに改称)」のような民間デジタル通貨や中国人民銀行(中銀)によるデジタル人民元のような、中銀が発行するデジタル通貨(CBDC)によるデジタル通貨圏の出現とその拡大により、米ドル基軸通貨体制が崩壊する可能性に言及している。

 国際金融秩序の維持の観点からは、新たなデジタル通貨圏への取り組みは先進国間での共通の課題だ。中国の独走を抑えるためにも各国間での協調が重要となる。

残り1620文字(全文2018文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事