マーケット・金融マーケット総予測 2021

金 高値は2000ドル程度=芥田知至

 金相場(ニューヨーク先物)は、8月7日に1トロイオンス=2089・20ドルをつけた後、下落傾向にある。11月下旬には新型コロナウイルスのワクチン開発進展が投資家のリスク資産選好につながり、安全資産である金は売られた。しかし、1700ドル台後半まで下落した後は買い戻されている。

 足元では、英国、カナダ、米国でワクチン接種が開始されて、早期に経済回復が実現するとの期待につながる中、株式、原油、銅などリスク資産の相場は堅調…

残り318文字(全文529文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事