【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融マーケット総予測 2021

ゲーム 任天堂「スイッチ」が好調 ソニー「PS5」は出遅れ=安田秀樹

ソニーの巻き返しなるか(Bloomberg)
ソニーの巻き返しなるか(Bloomberg)

 2021年におけるゲームセクターの投資テーマは、「巣ごもり消費」からの脱却になるだろう。新型コロナによる特需の一巡後、ハード改良や新作ソフト投入を継続できるかが、業績拡大のカギとなる。

 業界をけん引しているのは、任天堂の「Switch(スイッチ)」(17年3月発売)だ。コロナ禍に伴う在宅需要の拡大で20年2月以降、極端な品薄になったスイッチ本体も、同11月にはその状況がほぼ解消した。ソニーの「プレイステーション5(PS5)」(20年11月12日発売)と米マイクロソフトの「XboxSeriesX/S(エックスボックス・シリーズX/S)」(20年11月10日発売)の両社による新世代機は、供給不足によって需要を逃す「機会ロス」を起こしており、任天堂が年末商戦を独走している。

 スイッチのソフトは20年3月に発売した「あつまれ どうぶつの森」が大ヒットしたものの、自社タイトルは手薄な状況だった。しかし、コーエーテクモHDの「ゼルダ無双」が約300万本、コナミHDの「桃太郎電鉄」も国内のみながら約75万本を超える販売を達成。任天堂は従来は自社ソフトに依存した体質だと指摘されたが、そうした弱点も薄れてきている。

残り718文字(全文1225文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事