マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 景気ウオッチャー調査(1月12日) GoTo一時停止の影響は?=山下大輔

     12月の景気ウオッチャー調査が1月12日に内閣府から発表される。同調査は、毎月25日から月末にかけて、タクシー運転手、百貨店の売り場主任などの景気動向に敏感と考えられる人たちに対して、景気の現状や先行きの認識を尋ねるもので、回答結果を数値化した指標(DI)や調査回答者のコメントが公表される。

     3カ月前と比較した景況感を示す景気の現状判断DIは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大や緊急事態宣言の影響で、2020年4月には調査開始以降最低の7.9まで落ち込んだ。

     その後は感染の落ち着きや観光支援事業「GoToトラベル」などの政策効果などにより、10月には景況感が全体として横ばいであることを示す50を超えた。

    残り380文字(全文686文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事