マーケット・金融3万円相場の投資術

ドル・円 2021年も円高・株高が続く 1ドル=98円で日経平均3万円目指す=佐々木融

    100円超えの円安には戻らなくなるかも(Bloomberg)
    100円超えの円安には戻らなくなるかも(Bloomberg)

     2020年のドル・円相場は年初、1ドル=108円台から始まり、103円台前半で1年を終えた。1年間で5%程度の円高・ドル安となった。一方、日経平均株価は1990年以来、30年ぶりの高値を更新し、1年を通じると16%も上昇した。

    5年間で4回の円高・株高

     年間騰落率で見て、ドル・円相場がドル安・円高となる一方、日経平均が上昇するパターンは、16年以降の5年間で、4回目だ。この結果、16年以降の5年間でドル・円相場は、120円から103円まで14%下落(ドル安・円高)しているが、日経平均は44%上昇している。

     つまり、一般的に言われるような「円高=日本株下落」という構図は、過去5年間で見ると、ほぼ崩れている。円高でも日本の株価が上昇している背景について、JPモルガン株式調査部は日本企業の業績がドル・円相場との相関を弱めている点を指摘している。

    残り3394文字(全文3768文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事