マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 中期で100円割れも=高島修

     米連邦準備制度理事会(FRB)関係者が国債などの資産買い入れの削減に言及していることも金利上昇に拍車をかけている。為替はこの金利上昇を受けてドル安が一服。年金など長期投資家の中には価格が下落し、割安感を増した米債を購入する向きもあるだろう。

     だが、米株市場は今回の米金利上昇をさほど嫌気することなく…

    残り164文字(全文314文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事