マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 12月の新設住宅着工戸数(1月29日) 18カ月ぶりプラス転換か=上野剛志

     国土交通省は1月29日に2020年12月の新設住宅着工戸数を発表する。同戸数の推移を振り返ると、相続税対策としての貸家建設ブームの反動減が長引くなか、消費税率引き上げに伴う反動減もあって、一昨年の段階から前年割れとなっていた。

     さらに昨年は新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちとなったことで、直近11月にかけて17カ月連続の前年割れとなっていた。これは、08年のリーマン・ショック直後に起きた16カ月連続の前年割れを超えたことになる。

     ただし、20年後半以降は持ち直しの動きもみられる。緊急事態宣言解除後に住宅購入の動きが再開されたことで、昨年6月時点で前年比12.8%減に落ち込んでいた新設住宅着工戸数は11月には同3.7%減にまでマイナス幅を縮小している。内訳では、特に持ち家の回復が顕著であり、11月には16カ月ぶりに前年比プラスへと転じている。

    残り240文字(全文618文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事