テクノロジー深層真相

半導体不足で自動車減産 背景に「一極集中」構造

     独VW(フォルクスワーゲン)やトヨタ自動車をはじめ、主要な自動車メーカーが、半導体不足で減産に入った。旭化成子会社の半導体工場火災が原因との一部報道もあったが、日本の半導体工場が世界の半導体供給に影響力を発揮していたのは、30年も前のこと。直接の原因は、ほかにある。

     2020年上期、自動車業界は新型コロナウイルス禍による工場操業停止や市場低迷によって売り上げを落とし、半導体の発注を減らした。一方、半導体業界は、ゲームやエンタメ系の巣ごもり需要やテレワークの広がりで、むし…

    残り359文字(全文597文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事