【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融円高が来る!

新興国通貨 コロナ拡大でさらなる下落 まだまだ遠い上昇への道=梅沢利文

コロナ対応が遅れたブラジルのボルソナロ大統領(Bloomberg)
コロナ対応が遅れたブラジルのボルソナロ大統領(Bloomberg)

 新興国通貨は概してドル安や米国金利低下が下支え要因だ。新興国の多くがドル調達をしていることなどが背景となっている。昨年、特に3月以降これらの条件がそろったことで新興国通貨は下支えされた。しかし国によって事情は異なる。最大の要因は新型コロナウイルス感染症に対する対応だ。コロナを早期に収束させた中国の人民元は他のアジア通貨をけん引して上昇した。一方で経済を優先させてコロナ対策が遅れたブラジルのレアルは大幅に下落した。

 今後も新興国通貨の最大の変動要因は、引き続きコロナだ。足元で変異ウイルスの感染拡大も見られる。しばらくは各国のコロナに対する姿勢の違いが新興国通貨の動向に影響を与えそうだ。また、昨年は金融・財政政策ともに支援一辺倒だったが、両政策の拡大の余地は狭まっており、今後は巧拙が問われる展開だ。一方で、コロナのワクチン接種が開始され、順調に接種が広まれば新興国の景気回復への期待が高まる。

残り2052文字(全文2452文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事