国際・政治円高が来る!

デジタル人民元 中国が香港で決済試験へ 米ドル支配を崩す試金石=山岡浩巳

    中国で始まったデジタル人民元の実験(2020年11月、広東省深圳で)(Bloomberg)
    中国で始まったデジタル人民元の実験(2020年11月、広東省深圳で)(Bloomberg)

     中央銀行によるデジタル通貨発行の検討が世界的に加速している。主要国で先頭を走るのが中国だ。昨年4月から深圳(広東省)や蘇州(江蘇省)などの4都市で、一部の市民にデジタル人民元(e−CNY)を配り、実際に使ってもらうという形での試験的発行を開始。2022年2月の北京五輪冬季大会の実用化を目指すとしている。

     特に筆者が注目しているのが、中国本土と香港との越境決済でe−CNYの実験が行われることだ。アジア屈指の国際金融センターでe−CNYが一部とはいえ導入されることが、国際金融システムやグローバルの為替市場に対しどのような影響を与えるのかは重要な論点になるだろう。

    残り2058文字(全文2341文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事